つるし飾り

「つるし飾り」とは

「つるし飾り」は、縮緬などの着物の布を解いて作った細工物を紐で繋げて、竹等で作った輪に吊るして飾りにした物です。その起こりは江戸時代とされていて細工物一つ一つに長寿や健康などを願う意味があり、女の子が生まれたお祝いとして届けられ、桃の節句に飾ったと云われています。 九州柳川の「さげもん」、静岡稲取の「つるし雛」、山形酒田の「傘福」などが有名で、日本各地に伝わり、同じ様な飾り物がインドや中国にもあるのが興味深いところです。桃の節句に、あるいは女の子が生まれた時に親類縁者が作って持ち寄り、雛飾りの代わりとして飾った地域、また雛壇飾りの両側に吊るした地域等、その地域ごとに多少の違いはあるようです。また最近では、桃の節句だけではなく、端午の節句用に作られた物や、長寿を祈願する物、喜寿や米寿のお祝いの物としてのつるし飾りも作られています。細工物一つ一つに様々な願いが込められ、吊るす数にも長寿への願いが込められています。



地球屋の「つるし飾り」は、送っても送られても喜ばれる飾りものです。材料は「古布縮緬」を使用した本格的なものから、「古布錦紗」「古布絹」を使用したもの。また、「絹の新布」を使った少し小さめの細工物を飾ったものまで、お好みとご予算に合わせて品物をお選びください。 品物により、色・柄・細工などが多少変わりますことをご容赦ください。また、お好みの細工物をお付けすることや、ご予算や品物の長さや幅などもご要望にお応えできます。 誕生・お節句・端午・喜寿・長寿のお祝いなどにいかがでしょうか。



つるし飾りのつくり方100 つるし飾りのつくり方


お飾りギャラリー(各お飾りの説明は写真をクリック)

朝顔

朝顔

いづめこ

いづめこ

糸巻き

糸巻き

兎

梅

梅香

梅香

梅香袋

梅香袋

海老

海老

扇

おしどり

おしどり

お座り兎

お座り兎

お月見兎

お月見兎

お手ふり人形

お手ふり人形

親子人形

親子人形

柿袋

柿袋

風車1

風車1

風車2

風車2

紙ふうせん

紙ふうせん

亀

かきつばた

かきつばた

桔梗

桔梗

着物

着物

金魚

金魚

巾着(小)

巾着(小)

巾着(大)

巾着(大)

栗

桜の花

桜の花

座布団

座布団

柘榴

柘榴

猿ぼぼ

猿ぼぼ

三番叟

三番叟

三角薬包

三角薬包

七宝鞠

七宝鞠

松・竹・梅

松・竹・梅

雀袋

雀袋

蝉袋

蝉袋

草履

草履

橙

鯛

宝袋

宝袋

玉虫

玉虫

茶巾袋

茶巾袋

蝶

椿

椿

鶴

手つなぎ人形

手つなぎ人形

出目金

出目金

でんでん太鼓

でんでん太鼓

唐辛子と鼠

唐辛子と鼠

鶏

羽子板・つくばね

羽子板・つくばね

蓮の花

蓮の花

蛤

ひよこ

ひよこ

鳳凰袋

鳳凰袋

鬼灯

鬼灯

豆達磨

豆達磨

繭玉・俵・瓢箪

繭玉・俵・瓢箪

桃

赤鬼

赤鬼

一寸法師

一寸法師

牛と這い子

牛と這い子

折り鶴袋

折り鶴袋

柏餅

柏餅

兜

金太と鯉のぼり

金太と鯉のぼり

鯉

狛犬

狛犬

猿(三番叟)

猿(三番叟)

菖蒲と蓬の葉

菖蒲と蓬の葉

宝車

宝車

蜻蛉(勝虫)

蜻蛉(勝虫)

ちまき

ちまき

初子と鯉のぼり

初子と鯉のぼり

蓑亀

蓑亀

桃太郎

桃太郎

矢車

矢車

弓矢

弓矢

ね

うし

うし

とら

とら

う

たつ

たつ

ひつじ

ひつじ

さる

さる

とり

とり

い


通信販売での購入はこちら!


▲ページトップへ戻る