3000ギネスへの道4

ギネスへの道『つるし飾り3000個への挑戦!』

第10章

翌日は市役所の中の記者クラブでの記者会見。いろんな質問をされながらも『さて、どうやって申請するんだろう』で頭の中はいっぱい。御飯を食べていても寝ていても『申請って・・・』
実は申請を代行してくれるのを予定していた人が急遽駄目だということで、すべて自分達でやらなきゃならない。英語がかなり出来て、出来れば日本人で、コミニュケーションが取れる人で、費用をお手頃価格でやってくれる人いないでしょうか・・・・。

あちらこちらに声を掛けて回る。計画性がないって言われればそれまでなんだけどね。だって今までは作るのに一生懸命でさ・・・・。
 ある日友人から『丁度良い人が、今遊びに来てるよ!以前、ある大きな会社に勤務していて海外に何年もずっと赴任していた人で、今は会社を辞めてプー太郎してる』 という説明で、富山県からたまたま東京のお姉さんの所に寄った帰りに群馬に寄った『吉田さん』(以後はマサさん)を紹介してもらった。お正月を東京で過ごして富山に帰りがけに前橋の友人のところに寄っていたら、富山が大雪で帰れなくなったとのこと。『すぐに会いたい』と連絡を入れて、その夜友人の会社へ・・・。そこで今までの経緯やギネスブックについてのことで私が知っている限りを話し、その場でお願いをした。早速その場で友人の会社のパソコンを使い、ギネスブックのHPから申請に関するサイトにアクセス!もの凄い量(私にすればね・・・)の英文が出てくる出てくる。日本語で読むとしてもかなりの量。

『英語も久しぶりなので、和訳をするので明日まで待ってください』ということで明日の夜にまた再開!
 翌日、またその会社へ行く。パソコンから申請に必要な書類や申請の仕方の説明を貰うための申し込みである。勿論、私の名前、アドレスなどを入れて返事待ち・・・・・でも返事が来ない。だって私のアドレスで申し込んだんだから、私のパソコンに返事が来るわけだもんね!その会社のパソコンに来るわけないよね!そりゃ~そうだ!

あわてて家に帰ってチェックするもまだ来ていない。何でだろう・・・・。
『鈴村さん・・・今、イギリスは夜中ですから・・・・』とマサさん
そりゃ~そうだ!
『鈴村さん!当然すべて英語のメールが来ますから、迷惑メールだと思って削除しないでくださいね』
そりゃ~そうだ!
その日の夜中に『キタ≪――――――――――』
来ました来ました・・・・

rmt@guinnessworldrecords.com
確かに、@の後ろにギネスワールドレコーズってなってる・・・・。

しか~~~し

AGREEMENT REGARDING RECORD ATTEMPT ATTACHED: CLAIM ID: 242886 MEMBERSHIP ID: 214785 Dear yoshihito, Thank you for choosing our Fast Track service. We are glad to inform you that your record application has been transferred to our internal system and will be assessed immediately. To proceed with the evaluation process, we are sending to you the Agreement Regarding Record Attempts together with a document called General Information on Record Breaking, which will give you an overview of the process. This formisalsoavailable to download at http://www.guinnessworldrecords.com/member/arra_ft.pdf. The next step is to complete the Agreement Regarding Record Attempts with your CLAIM ID in the appropriate field, sign it and send it to us by fax to our Fast Track special line: >From the UK: 0207 383 3652 International: +44 207 383 3652 Once we have received this form, we will immediately send you the result of our internal evaluation. In case of success, we will send to you the current world record, the guidelines you must follow and details of the evidence you must compile. If you experience any problems sending the Agreement by fax, or would like to discuss your record idea on the phone, you can call our Records Management Team from 9.30am to 5.30pm GMT (Monday to Friday). Our number is +44 207 891 4500. Our Records Manager have a great deal of experience in record breaking and can help you in English, German, Spanish, Japanese, Italian, French, Mandarin, Portuguese and Greek. Alternatively you can email us on fasttrack@guinnessworldrecords.com. Thank you for contacting Guinness World Records and we hope to hear from you soon. Best regards Records Management Team Guinness World Records If you should require further information, do not reply to this email, but please visit our website and login to the me

と、書いてある・・・・・・・ってなんて書いてあるのか読むのもイヤッ!
これをマサさんに転送。
というのも、マサさんは富山県に帰ってしまいました。これからはギネス社から来たメールはそのままマサさんに転送して
『転送しましたよ』

という電話をすると、和訳した文章がメールされてきたり、電話で『こう言っています・・・』と説明してくれる。私はただの中継地点ね。これを何度も何度も繰り返す・・・。

マサさんが、
『用意するものは、これと、あれと、これと、それと・・・・・・』
そして『たしかに3,000個あることを証明する人が必要ですが、その証明者とは誰でも言いというわけではありません。知事、市長、警察署長、メディア関係などの人で、要は偽証するとその人の仕事上の地位が危うくなる人。など、また証明者が書いてくれるのは、普通の便箋は駄目で、その人の便箋かその人が勤める新聞社などの名前が入っている便箋でなければならないとか・・・・。注意点は赤文字で書き添えてくれる。

カバーレターには前半で今回改めて3000個でギネスに申請しますということを書き、今回の作業内容が書かれています。そのあとで今回同封する内容物を数字をふって書いてありますのでこの数字に合わせて内容物を作成してください。
1.作業風景のオリジナルDVD
2.編集したDVD

3.声明文
4.DVD付き写真
5.メディア報道
6.人形に付けたタグ
7.同意書

それから、年末年始に掲載された新聞なども原紙を送るのだが、それらにも英訳分を添付したり、テレビの録画したものにも英訳をつける。いままで撮りためた30枚程度の製作現場などの写真にもすべて英訳をつける。つるし飾りのすべての細工物にも、『鼠。鼠の意味は子宝に恵まれるように子孫繁栄を願っている』など、何を作って、それはどういういわれがあるのか」などもすべて英訳して添付だ。

このあたりで、かなり疲れて・・・・嫌気が・・・・・。「もうやめちゃおうかな・・・」と、何度も何度も思う。
しか~し、手伝ってくれたボランティアの方々やみんなのことを思うと途中で投げられない。たとえ承認されなくても、最後まで全力でやらなければ、皆に申し訳が立たない。もうそれだけで頑張っていたように思う。逆に私一人で作ったものなら、あまりの面倒くささに嫌気がさして、間違いなく途中で放り出していただろう。なにかと自分に言い訳して投げ出していただろう。
しか~し、頑張ってくれたみんなの顔を思い出したら途中で投げだすことなんて出来ない。とにかく申請だけはしようと何度思い直したかしれない。

第11章

なんとか目途が付いてきた。書類が揃った。写真もDVDも揃った。英訳も着けた。何度も何度も箱に入れたり出したり・・・・・。一発勝負である。マサさんとの長電話もこれで最後だろう。提出の一覧表を作り、チェックを入れながら箱詰め作業。

いよいよ提出である。郵便局に行く!と、勿論ギネス社宛の郵便物の住所や名前は手書きで書かなければ・・・。手書きで英語を書くとは思っていなかったので、なかなか上手くかけないし、書くところさえ良く解らない。郵便局の人に、
『ここは何を書くんですか?』
『中身は何が入っているかを書いてください』
『英語で?』
『勿論です』

ギネスに申請する書類・DVD・写真とかって英語でなんて書けばいいの?とも聞けない気弱な私。
『あの~~~書類でいいですか?』
『はい。書類でいいですよ』
『あの~~~書類って英語でなんていうんですか?』
『では、ドキュメントと書いてください』
『あの~~~~ドキュメントのスペルを教えてください』
てな調子で、結局4枚の書き損じのうえでやっと仕上がった。記念に写真をパチリ!

まぁ~仕上がった送り状も酷いもんだけどね。郵便局の人が『送り状が勿体無いから』と思って『これで大丈夫ですよ』って言ってくれたような気がしなくもない。

イギリスまで着くのが4~5日掛かるとして、審査があって、大体2月5日~10日位にはなんとか結果がでそうだなぁ・・・
『あっ!その頃って東京じゃん!ギフトショーで泊まり込んでる頃だ』
こりゃ~パソコン持ち込んで毎日チェックしなきゃだぁ~。
毎日、毎日、首を長~~~くして待てど暮らせど返事が来ない。
ギフトショー最終日になっても返事は来ない。パソコンを持ち込んだ意味は無かった。

家に着き、パソコンを開く!
『あっ!キタ<―――――――――――!』
rmt@guinnessworldrecords.com

久しぶりにこのアドレスからメールがキタ<―――――――――――!

Claim ID: 242xxx
Membership Number: 2147xxx
Dear Mr SUZUMURA,
We are pleased to confirm that you have set the new Guinness World Record for ‘Largest display of handmade dolls’ and a certificate to commemorate has been sent to you by courier today.
Details of your achievement have been entered into our records as follows:

The largest display of handmade dolls is 3,000 and was achieved by Yoshihito Suzumura, staff at his workshop Chikyu-Ya and volunteers from the local area (all Japan). The dolls were tied through strings and displayed in Chikyu-Ya, Sintou-mura, Gunma, Japan, on 26 December 2008.Although the certificate does not automatically guarantee an entry in our world-famous annual book, we do consider all new records for inclusion in all future Guinness World Records publications and products.As an official record holder, you can request further certificates and find out all about using our logo and trademark to let everyone know about your achievement or for any other commercial purpose. To find out more, please go
towww.guinnessworldrecords.com,
log in and select claim 242886.Welcome to the very select club of Guinness World Records holders. To join our fantastic community website, upload your videos and post your comments, please visit www.guinnessworldrecords.com/community and let everyone see your brand new record!
Yours sincerely,
Kaoru Ishikawa
Guinness World Records

それらしいなぁ~とも思いながらも・・・・・

承認されたらしいなぁ~とも思いながらも・・・・・、 自分で勝手に都合の良いように、ぬか喜びにならないようにマサさんに転送!
そして電話をした。
『鈴村さん!おめでとうございます!』というマサさんからの言葉・・・に
『ヨッシャ――――――――!』
上記のメールの上から4行目の赤くしたところのconfirmこれが「承認」したというような言葉である・・・・らしい。
『送ったから2~3日で認定証が着くと思いますよ』

第12章

2月8日・・・・ギネス社から認定しょうが届いた。

今回の認定証         前回の認定証

前回の認定証には無かった右下の●のシール。
これは記録保持者が記録更新をした場合に貼るシール・・・・・・・・・らしい。
認定証が届いて、勿論、一番初めに見たのは、3000という数字があるかどうかである。


page1 | page2 | page3 | page4 | page5
ギネス承認ページ



▲ページトップへ戻る