1301ギネスへの道3

ギネスへの道

第7章「やった~承認された」

7月20日。申請してから約4ヶ月。イギリスからエアーメール。ギネスなんて忘れかけていた私達。なんだろう。新種の「オレオレ詐欺か?」イギリスだから「ハローハロー詐欺?」などと笑って過ごし何日か封書を開けなかった。なんという間抜け。あれ~もしかしたら・・・・・ということで開けてびっくり「GUINNESS」社からからなんか賞状のような物が入っていた。「CERTIFICATE」と書いてある。早速辞書で調べて見る。「証明書」だ。

「やった~~~~!ギネスに承認されたぞ~~~!!」中身の文章も指を舐め舐め辞書を引きながら読んでみる。「YoshihitoSuzumura」なんて書いてある。「Beldedofesta」なんのこっちゃ???まあ~ベルデドールなんてのは英語仏語ごちゃ混ぜの和製言葉だからこんなもんだろう。兎に角「やった~」

「2006個のギネス飾り」も「つるし飾り&創作人形コンテスト」の予定もたたないままに、平成17年の夏は終わろうとしていた。

第8章「あれ~肝心な数が違う」

浮かれまくった1週間が過ぎた。記念のTシャツを作るだの、いやタオルが良いのだの、どうのこうのと言っていたある日スタッフから「あの~1301個 じゃなくて、1031個って書いてありますけど」「えっ?!」よくよく見ると確かに1301個のはずが1031個と書いてある。これじゃ~どうにも動けません。ヨシ!直ぐに訂正をいれよう。

だって数が勝負のギネスだよ。肝心要の数が違っていたら「なんだそりゃ!」って感じ。直ぐに訂正の要請をする。 ・・・・・・・・・しかし未だに何も言って来ない。

第9章 「よし!そっちがそうなら!」

ならば、次だ!めげない地球屋スタッフ!(めげないのは言うだけの社長だけ??)ギネスが数を書き直してくれないなら、更新して数を書き直させればいいんだ!ということで、またまた8月のある日からギネスへの道第2章「2007個への挑戦」が始まった。

ついでに・・・「ギネスブックに載りました」

平成18年11月発売の「ギネス世界記録2007」の5ページに載りました。ギネスに承認されることと、ギネスブックに掲載されると言うことは別問題だそうですが、見事載りました。

他の載っているギネスの写真は、記録を作った人が作品と一緒に写っている。しかし、この吊るし飾りの前で写真に写っている白い帽子のオジサンは誰??
私じゃないよ~~。





page1 | page2 | page3
ギネス承認ページ



▲ページトップへ戻る